詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

凍りきった皮肉

f:id:sakuran_blog:20200201220659j:plain
毒を帯びた言葉は霙
耳から皮膚から沁み込んで
日毎に体が重くなる
母の言葉が沁み込んで
夜毎に心を軋ませる
凍えて斃れた私の髪を
尚も母が毟るから
悪鬼の貌で毟るから
窖に逃げ込み鎧戸を閉めた
その寸前
凍った心が皮肉を零した
お母さん、
あなたはどうか幸せに。


#深夜の二時間作詩