詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

あの夏に戻って

f:id:sakuran_blog:20200107083015j:plain

南の島の小さな家
窓を開ければ風が通り
畳に寝転ぶ私の前髪を撫でる
さやさやと吹く南風は
海の上で冷やされて
波音も涼やかに連れてくる
誰かが庭で三線を鳴らす
子どもに帰った夢を見た
そよ風に微睡む夢だった


#フォエム52