詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

積乱雲の下では

水平線に繋がる空
夏は陽気で鮮やかな青
積乱雲の上部は
白く盛り上がるメレンゲ
その下では暗い雨が降る

遠景は晴れ渡り
夏の訪れはワクワクするから
夕立に濡れるまで
雲と空のコントラストに
含まれる影を忘れて
騙されたように思うのだ


#詩人の本懐 「上部」