詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

街は暮れても暑すぎて

激しく短い夕立の後の
冷え切らなかったアスファルト
水溜りから蒸気が出ているような
息苦しいほど暑い街を眺めれば
人波の間から狂気が見え隠れする
メインストリートの交差点
信号待ちの人だかりの中から
狂気の破裂音がした
こんな気候では仕方がない


#深夜の二時間作詩