詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

同じに見えて似ていない

蟻の群れの個体識別は難しい
ヒトも色々な基準で分けられるが
同じように見えて違う個体だ
類似形に見える傷の原因も痛みも
実は全く違うものかもしれない
私の傷とあなたの傷に彼の傷
似ているようで違っている
たとえ同時に同じ事象に傷ついても
溢れる血汐の赤は違う色だ


#詩人の本懐 「類似」