詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

贄にされて

愛されない子供の足元を見て
無理難題を押し付け
責任を子供に背負わせ知らん顔
無責任で薄情な大人たち
彼らのための無料奉仕
オーバーワークで失敗し
父に殴られ倒れ込んだ
八歳の私を庇う大人はいなかった
十人余の大人が私を贄にした
私を見ないふりをした


#詩人の本懐 「足元」