詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

失格者に生まれて

額に失格の焼印がある
生まれた時から付いていた
息子じゃなかった
母に似なかった
それで母に疎まれた
男の子のふりをしても
それはそれで母を怒らせた
男は男だということで偉い
それが母の教え
女に生まれてすみません
お母さんに似なくてすみません
結局そういうことなんだ


#詩人の本懐 「失格」