詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

華やかなる友へ

困ることを頼まれたり
都合のいい時だけ寄って来たり
そんなことは慣れっこだった
でもいつからか
卑怯な所に嫌気が差していた
人を操ろうとする態度
人の誤解を招く言葉
最初っから気付いてたんだ
華やかで愛おしい残酷な友よ
いま軽蔑が溢れ出してしまった
だからサヨナラだ


#詩人の本懐 「嫌気」