詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

誕生日の天気雨

梅雨の晴れ間
狐の嫁入り
雨粒は砕け散る石英

空を仰ぎ笑顔で零す涙は
誰にも悟られない
止んだらはしゃぐふりで
走って跳ねて

梅雨の晴れ間
狐の嫁入り
さびしい誕生日の贈り物



#詩人の本懐 「梅雨」