詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

毎日誰かが言葉に殴られている

正論を装い言葉を凶器にして
今日も人々が誰かを殴っている
仮面を被った人々が
失敗した誰かを嬲っている
悪意のない言葉が働く暴行
膨れ上がった暴徒は次から次へと
獲物を探し出して磔にする
人間は残忍な生き物で
立ち竦むだけの私もまた
薄汚れた矮小な生き物だ

 

#詩人の本懐 「風潮」