詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

人間は欲深い獣なので

浄らかな水
浄らかな火
浄らかな土
私達は我欲のため
大いに世界中を穢した
穢れた炎で焦土を作り
土から水へ穢れが感染る
畏敬をもって火を使えば
人は気高い獣になり得たか
答えは知れず
確実なのは
私達の大抵はそれぞれに
幾分かずつ穢れている
穢れた息を吐き出している


#詩人の本懐 「聖火」