詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

泥闇に落ちて

空腹が過ぎて悲しみとくっつき
笑顔の大盤振る舞いで
空虚が心を蝕んだ

寂しさが過ぎて憎しみとくっつき
攻撃的な言葉の乱射が
泥闇に私を沈めた

信頼と裏切り
幸運と罠
疑いながら生きるのか

蜘蛛の糸を待つまでもない
救いを叫んでみるといい
子供に戻って泣いていい


#詩人の本懐 「密接」