詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

変わらぬ記憶が私を孤独にする

感情が変化するように
記憶も変化していく
そうなっているはずなのに
私の記憶は変化しない
頑迷に固定されている
都合よく変わってくれはしない
そうして人々の変容する記憶が
私を傷つけるから
私は黙して人々から遠ざかる
事実が幸せを呼ぶことは少ない


#詩人の本懐 「保持」