詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

自己不信

眠りの最中
声をかけると
私は笑顔になるという

なんという卑しさだ
眠りながら愛想をまく
起きていれば尚更

ヘラヘラと
笑いながら泣いている
笑いながら怒っている
笑いながら狂っていく

そうして満面の笑顔で
いつか誰かを殺すだろうか

 

#詩人の本懐 「笑顔」