詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

私の密室の中の私

脳は密室度が高い
蓄積されたデータも
造られた思考も
まるで分からない

性善説性悪説
どちらが正しいのか
統計すらとりえない

だから自由でいられる
密室が自由を担保している
この矛盾が創造者を走らせ
犯罪者を隠すのだ

さて私はどちらだろうか


#詩人の本懐 「密室」