詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

闘い抜いた末に

闘いたかったわけじゃない
闘わざるを得なかった

ある日ポキンと音がして
負傷兵は一線を退く
尚も闘いは終わらずに
見えない敵や音だけの敵
頭の中の紛争が止まない

平凡な平和か
非凡な栄光か
争うごとはこりごりだ
何もいらない
負傷兵は平和を願う


#詩人の本懐 「平和」