詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

響かぬ詩をうたっている

ボーッとする薬を飲んで
ボーッとさせた頭を使い
ボーッとしながら言葉を選び
ボーッとしたまま詩をつむ
ボーッとボーッと
生きている

ボーッとしてない私の体は
高周波を発したり
跳ね続けたり涙が出たり
キライな音が響くから

ボーッとうたう私のうたは
響きが鈍く生ぬるい



#詩人の本懐 「音響」