詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

自分だけの世界を飛ぶ

外野の声を無視するのには
文学なんかが丁度いい
誰にも邪魔されずに
別の世界へいつでも行ける

あるいは詩でも書くといい
辞書を片手に旅に出よう
頭の中の無限世界
自分の言葉を見つけにゆこう

私たちはどこへでもゆける
時空を超えて自由になれる
自分の世界を羽ばたける


#詩人の本懐 「無視」