詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

果実蝙蝠の天国

天国の果実は禁欲的だ
桜桃だの柘榴だの

果実蝙蝠は不思議に思う
美味なる果実は他にある
綺麗な果実も他にある

紅玉石みたいに艶々の林檎
麝香葡萄はひと房の橄欖石
茘枝は月長石の甘い滴

そんな果実を置いて欲しい
果実が溢れている場所が
果実蝙蝠の天国だという


#詩人の本懐 「天国」