詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

子供の情景

ああ騒がしい
モンポウのピアノが流れている
子供の情景
不協和音が騒ぐ子供そのもので
私は少し不快になる

シューマンは優しい嘘吐きで
やわらかな音が移ろう青年
自分で自分をだましているよう
嘘には嫌気がさしていて
私は少し不快になる

無邪気な子供でいられなかった
優しい何かをもらえなかった
不快になるのは私のひがみか
卑しい自分を追い出したくて
私は耳にふたをする

私の子供の情景
どれも涙で埋まっている
どれも沈んで音がない



#詩人の本懐 「情景」