詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

いのちそのもの

猛烈な痛み
沸騰する怒り
追い込まれて
理性も知性も剥がれ
自制も抑制も効かず
意識がいのちに集中する
頭の中がスパークし
暗転を迎える
覚醒する私の獣
繋がれたくさびを引き千切り
頭をもたげ唸りえる
ただ一匹の獰猛どうもうな獣
いのちの塊の出現
目を見開いて敵を見据える
私は獣
獣の私



#詩人の本懐 「純度」