詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

青い希死念慮

春の空を見つめてはならぬ
青く澄んでいれば尚
すぐさま飛びたくなるだろう

ビルの屋上
断崖のきわ
プラットホームに
湖の淵

お前を手招く何物かが居る
お前をあざむく何物かが在る

ただ前を見て歩くがいい
大地を踏みしめ進むがいい
いのちを抱きしめ過ごすがいい

春の空を見つめてはならぬ
優しげな青はあやかしのわざ
春の空へと飛んではならぬ



#詩人の文学館 「空」