詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

美しい海で骨になりたい

 
淡い金色の夕焼けを
見たことがあるか

半透明な白銀色はくぎんいろイカの群れ
森のように広がる珊瑚さんご
花びらみたいに舞う魚たち

静かな島の波の音
空にはサザンクロスと
きらめく星がひしめいて
水の中から見る月は揺らめいている

美しい景色を見るために
私は人生を続けているのかもしれない

美しい言葉を探すために
私は人生にしがみついているのかもしれない

南国の夜風は涼やかで
白砂はくさを小さな生き物が行き交う

もしも私が死ぬならば
あの青い海に抱かれて
誰にも知られず
朽ちてゆきたい

骨となって沈みたい
白砂に埋もれて
水の中から夜空を見上げて