詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

2019-06-01から1日間の記事一覧

背高泡立草の色彩と影

背高泡立草の群生が原っぱを黄色に染め上げている。原っぱは黄色で充満している。 ここ十年、秋でも初冬でも生温い風が吹いている。生温い風に飛散する黄色は、涼風に吹かれていた頃とは印象がかけ離れている。 それは黄色い悪夢だ。 むせ返る程の悪夢だ。 …