詩蒐はまだ終わらない

 詩というカタチで、呟き、叫び、疾る (再びコチラに引っ越しました)

2019-05-21から1日間の記事一覧

君の知らせを

ここのところ 夏が長くなったよう 冬は急にやってきて 秋は一瞬色付いて 春は気付くと過ぎている雨季と乾季にしたらいい しかし四季は棄てがたい 詩人は四季を棄てられぬ それは風の会話か雲の呟き窓辺に咲いた名も無い花が まだ春だと眠たげで 暦は初夏だと…